身長が伸びる過程

身長が伸びる過程

4歳までは栄養状態の影響で、身長がどんどん伸びて行きます。

4歳〜10歳前後まで徐々に背が伸び、成長ホルモンと甲状腺ホルモンが重要な役割をします。

10歳代になると、第2次性徴が始まり、成長ホルモンと性ホルモンが同時に分泌され始め、その頃、身長はぐんぐんと伸び「ラストスパート」となります。

性ホルモンの作用は、初期には身長を急速に伸ばしますが、後期には骨の成熟を促すため、身長の伸びを止めてしまいます。

身長のブレーキがかかったかどうかは「声変わり」をみればわかります。
第2次性徴の最終段階で声変わりします。それは同時に身長の伸びがストップしたことを意味します。

声変わり後は、骨が伸びるというよりも、骨端部分が膨張するという感じです。
この記事へのコメント
それは、違います。
個人差があります。
うちの子は、声変わりをしてから
30センチ以上 伸びていますので・・
Posted by *** at 2008年04月19日 16:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。